ホームへ戻る

木の看板(銘木・木製看板)の取り付け方

TEL:0783615510

看板取り付け

看板の取り付け方はその大きさや設置場所によって異なります。

特大の看板や木部以外の壁面に取り付ける場合などは専門の工務店・大工さんに頼むのが無難ですが、1m程度以内の中型以下の看板でビス留めができる壁面では、ご自分で取り付けることもできます。 また、取り付けの必要がない置きタイプの自立式看板(銘板)もあります。

木の看板の取り付け方

L字型金具を使った取り付け方
L字型金具を使った取り付け方
看板のサイズに従い、写真のようにビスでL字型金具と看板を固定。 L字型金具を壁面の上下4箇所にビス(ねじくぎ)を使って留める事ができます。
(看板によっては左右4箇所)
この留め方は簡単ですが、金具が見える欠点があります。
補助板材・L字型金具を使った取り付け方
  1. 看板裏に@の補助板材及びL字型金具をビス(ねじくぎ)で留める。
  2. 看板を取り付ける位置に補助板材Aビスで壁面に取り付ける。
  3. その板材に看板裏の金具を引っ掛けるように置き、金具穴にビスをねじ込んで看板を固定。(B)
補助板材・L字型金具を使った取り付け方
L字型アングルを使った看板の取り付け方
L字型アングル
L字型アングル(アルミ・ステンレスなど)は、厚み・サイズ・色などいろんなタイプがあり、適当な長さにカットして金属用ドリルで穴を開けて使います。 壁及び看板裏に左右2ヶ所(or上下2ヶ所)にビス留し、壁と看板裏のそれぞれのL字アングルをボルトタイプのビスなどでつないで固定させる方法です。
この取り付け方は正面から金具が全く見えず、また壁面から30〜40mmほど浮いているので看板がきれいに見えます。 中小型〜大型まで、この取り付け方最も多いのではと思われます。 ただ、このやり方は金具加工・壁へのアンカー打ち込みなど専門の施工業者・大工さんに依頼する方が無難だと思います。
L字型アングルを使った看板の取り付け方
裏面穴開け&掛け金具取り付けによる簡便な小型看板の取り付け方
看板上部に1〜2箇所、正面から穴が見えないように貫通させず、板厚の半分くらいまで穴を開け、金具で補強&外れにくくするやり方もあります。
ただ、この方法は安全性を考慮し小さめの看板に限られます。 なお、この裏面穴あけ&掛け金具の取り付けは無料でいたしますので、ご希望がありましたら、お見積り請求時にお申し付けください。
裏面穴開け&掛け金具取り付け
大型・特大看板でやや前に傾ける看板の取り付け方
大型看板
高い位置に看板を取り付ける場合は少し前に傾けた方が見やすくなります。   写真例は、看板下2ヶ所を金具で受け、やや斜めに倒した看板の裏と壁(天井)3か所とを結んで留めています。 この取り付けは専門の業者に依頼する必要があるでしょう。
あらかじめ下記のような大型金具を特注で作っておいて、ビス留で壁に固定、看板を受けに設置し金具と看板裏をビス留めし看板を固定するやり方もあります。
大型・特大看板の取り付け方
大型看板・特大看板は、看板の大きさ・形や設置場所の状況などに応じて、取付方法は異なりますので、お近くの業者の方に相談されることをお勧めいたします。 必ずしも看板業者である必要はなく、工務店や大工さんでできる場合がほとんどです。
ページトップへ